ライトウェイ シェファードシティー2019入荷しました

shepherd-city_main_01梅雨が明けて暑い日が続きます。皆さんも熱中症に気を付けてお過ごし下さい。さて、「日本人が造り出す日本人の為の自転車」をコンセプトに、街乗りなどライトユーザー向けの自転車を手がけるライトウェイブランド。その中から2019モデルでフルモデルチェンジしたシェファードシティーが入荷しました。

shepherd-city_color3フレームはジオメトリーの見直しが行われ、よりハンドルが近く扱いやすくなりました。フロントフォークはスチールからアルミにグレードアップし軽量化に貢献。総重量は12.2kgから11.3kgになっています。CIMG2138ヘッドチューブは中央がシェイプされベアリングも内蔵されたスッキリしたデザインになりました。CIMG2139グリップは手のひらに優しいエルゴノミックタイプ。ロックオンタイプなので使っているうちに回って来てしまう事も有りません。シマノ製ブレーキレバーとシフターは別体です(通常はコストの関係で一体型を使うメーカーが殆どです) ハンドルは15度とちょっと大きめのスイープ角を持つオリジナル品を使用、しかもフレームサイズにより幅を変えてあります。CIMG2143スマートなフォルムに貢献するセンタースタンドが標準装備されます。CIMG2140タイヤは32cからオリジナルの35cとワンサイズ太くなって、従来より乗り心地が良く、耐パンク性もアップ。バルブキャップは贅沢にもアルミ製です。shepherd-city_desription14ペダルは丈夫なアルミ一体型。プラスチックボディーのように割れたりしません。しかもフレームサイズによってペダルの大きさを変えてあります。

カラーは5色

CIMG2144グロスオリーブCIMG2137グロスネイビーCIMG2145グロスホワイトCIMG2146グロスブラック

シルバーは入荷待ちです。メーカー希望価格 57,800円(税別)

パーツはほぼシマノ製を採用。派手さは有りませんが、細部にまでこだわったまじめな作りが好印象の1台です。あなたの相棒にいかがですか

 

カテゴリー: 新入荷情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。